webdesignkeys

CSSやjavascriptなどを利用した動的なサイト作りやwebデザインに関するネタを紹介!

Subscribe by RSS RSS Icon
Follow me Twitter Twitter Icon
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comment

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
 

「blackcool_proj02」 複数人での記事を投稿を管理する方法

例えば2人で、一つのブログを管理する場合に、
記事を分けて表示するにはどうしたらいいのでしょう
っていうのが今回の記事です。

実際には、記事一覧を毎回更新して分けるか、もしくは、
FC2ブログのプラグインのカテゴリーを利用するかします。


記事の一覧を毎回書くのは面倒なので、
カテゴリを利用する方法を書きます。

とっさに考えた方法なので、もっといい方法があるかもしれません
まずは、環境設定で、カテゴリの編集を行います。
そこでカテゴリ名を追加します。
以下の例では「Aさん」「Bさん」としています。
実際には、分けられれば、なんでもいいです好きに決めて下さい。

entry_complex_001.jpg

Aさんは、記事を投稿するときに、必ず「Aさん」のカテゴリを選択し、
Bさんは、記事を投稿するときに、必ず「Bさん」のカテゴリを選択します。

これをリンクとして扱います。
各カテゴリのリンクアドレスは、
カテゴリの編集画面の「件数」の数値をクリックしてください
クリックして飛んだ先のアドレスが、カテゴリアドレスになります。

こんな感じのアドレス↓
http://webdesignkeys.blog61.fc2.com/blog-category-1.html

例での記述は以下のようになります。
<a href="http://webdesignkeys.blog61.fc2.com/blog-category-1.html">Aさん</a>
<a href="http://webdesignkeys.blog61.fc2.com/blog-category-2.html">Bさん</a>


こうすれば、Aさんというリンクをクリックした時には、Aさんが記述した記事が表示され
Bさんというリンクをクリックした時には、Bさんが記述した記事が表示されることになります。




しかしこのままでは、詳細なカテゴリが作成できませんので、以下のようにしてください。
以下のようにカテゴリを作ると、「Aさん」という親カテゴリが作成され、そのなかに、
「イラスト」「WEBアプリ」「デザイン」という子カテゴリが存在することになります。
こうすることで、より詳細なカテゴリ分けが可能になります。
また、AさんもBさんも「本」というカテゴリが欲しい場合には、「本A」「本B」のようにしてください
同じ名前のカテゴリは作成できませんので

entry_complex_002.jpg



質問ありがとうございました。
わからないことがあれば気軽にコメントして下さい

Comment

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
 
<< PREV | HOME | NEXT >>

FC2 template
fc2_template_question.jpg

Category

NEWS
 

Comment

Archives

Favorite
125x125 banner 1
125x125 banner 2
125x125 banner 3
125x125 banner 4

Object
CoRich word of mouth information
Web service is developed through word of mouth information. ⇒CoRich
web design keys fc2 blog ranking!!
It challenges the ranking on my site. Please click this links. ⇒FC2 Blog Ranking
Proin magna amet fermentum dignissim
Nulla gravida, lacus molestie convallis dolor sem suscipit nisl, ut pharetra erat leo in elit.
Fusce pulvinar euismod urna vel viverra
Quisque malesuada laoreet tellus vel iaculis. Morbi nulla leo euismod pulvinar erat.
Class aptent taciti sociosqu ad litora
Curabitur vestibulum est eu purus bibendum eu eleifend diam tempor. Fusce metus eros, faucibus ut hendrerit ac.

Links

 
 
 
 
 
 
Copyright Info.

Nulla enim nibh, conse ctetuer sed, vesti bulum eleme ntum, sagittis nec, diam. Mauris blan dit vehi cula neque. Read More

 
Other Links
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。